お問合わせはこちら

▲大会全般・各プログラムの参加・宿泊についてはこちらから。

モク・オ ・ケアヴェとは

大会の名称となる“Moku O Keawe”とは、ケアヴェの島、ケアヴェの土地という意味です。“Keawe”は、その昔、ハワイ島を統治していた一族の名として知られており、この島を語るに一番古い名前でもあります。また、その名が最初の一族の名であり、ハワイ島がハワイ州最大の島であることから、この島を語るにふさわしい“名”のひとつでもあります。

モク・オ・ケアヴェ・
インターナショナル・フラ・
フェスティバル2019
日本大会in鳥取

毎年ハワイ島にてモク・オ・ケアヴェ・ファウンデーションにより開催される「モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フラ・フェスティバル」の日本大会として、2006年~2016年までの11年間宮崎県宮崎市にて実施されてきました。昨年、伯耆大山をはじめとする、山岳信仰の地、鳥取県中部に位置する倉吉市・湯梨浜町・三朝町・北栄町・琴浦町による一市四町で実施され、今年で2回目の実施となります。

鳥取県とフラ

鳥取県中部に位置する湯梨浜町(旧羽合町)では、言葉のつながりから、ハワイに対しての親近感が強く、18年前からハワイアンフェスティバルが実施されています。本大会は、湯梨浜町での前夜祭から始まり、一市四町において鳥取県とフラの魅力を味わっていただける催事を実施します。山陰地方は日本神話の地であり、現在まで続く山岳信仰の聖地でもあるため、ハワイ・フラとの親和性が強い地域ともいえます。

  • 前夜祭(湯梨浜町)
  • 琴浦町支援学校
  • 三徳山三佛寺の奉納フラ

大会概要

大会名 モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フラ・フェスティバル2019日本大会in鳥取
開催日 2019年8月30日(金)、31日(土)、9月1日(日)
実施項目
  • コンペティション(競技会)・エキジビション(発表会)・ワークショップ(講習会)
  • マーケットプレイス(フラグッズ販売)、前夜祭
  • ホイケナイト
会場
  • コンペティション・エキシビション会場(倉吉未来中心)
  • マーケットプレイス会場(倉吉未来中心 1Fロビー、リハーサル室、大ホールホワイエ)
  • ワークショップ会場(倉吉未来中心)
  • 前夜祭(湯梨浜町・東郷湖羽合臨海公園ハワイ夢広場 特設会場)
  • 大山開山1300年祭「奉納フラ」(三徳山三佛寺)
  • ホイケナイト(三朝町・キュリー広場)
主催 MOKIFiT(モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フラ・フェスティバルin鳥取実行委員会)
後援
  • ハワイ州観光局
  • NPOモク・オ・ケアヴェ・ファウンデーション
大会監修 クムフラ・ナニ・リム・ヤップ
ゲスト審査員